男の憧れL字デスクを組み立て。勉強部屋(書斎)にはやっぱりL字デスク。【f809-g1422-100】

スポンサードリンク




Pocket

 

こんにちは。関根(@sekinesulog)です。

続々と勉強部屋に家具が届いています。

今回は私が購入した机をご紹介しましょう。

 

夢のL字デスク。

 

私のささやかな夢ですが勉強部屋に「L字」のデスクを置く、という夢がありました。

なんなのでしょうかあのカッコよさ。

書斎に昔から憧れがあったのでずっと欲しかったのです。

社会人になって自分の勉強部屋(書斎兼研究室)を手に入れたので、ようやく念願かなって購入できます。

 

また、私のように整理整頓が苦手な人間は机が広くなきゃ駄目なんです。笑

机が狭いだけで学習意欲、作業意欲が削がれます。

逆に言えば机が広いだけでやる気アップ。

今後は汚くならないようにモノはできるだけ少なく、必要なモノだけを部屋に置くように注意しながら使っていこうと思います。

 

L字デスク選定の注意点

 

まずL字デスクを選ぶ時の注意点ですがやはり大きさです。

6帖の部屋で大きすぎても駄目、逆に小さすぎても駄目。

そして私の部屋の場合だとロフトに繋がる階段もあるので、階段への通路が狭くなりすぎても駄目。

数値的には横180cm 縦140cm以上は多分やり過ぎになる感じですね。

横160cm 縦120cmがジャストサイズです。

 

次に机の高さ。

机って低いと背中が曲がって負担が掛るし、逆に机が高いと作業に集中できなくなります。

私の身長は164cmですが、机の高さが72cmあたりだと少々低く感じ、76cm以上だと高く感じます。

まぁ、この辺は椅子の座高調節とかもあるんでしょうけど、74~75cmくらいが丁度いいのかな。

私が買ったバカ高いアーロンチェアのお陰で座高調節は造作も無いですが、一応75cmを基準にして机を選定します。

 

で、最後の選定基準としては、机にコンセントが刺せるタイプだと最高ですね。

PCなり、充電器なり、デスクライトなり、色々と電源が必要ですからねー・・・・。

 

あぁ、後はインテリア的に合うかも大事ですね。

私はシックな書斎を目指しているので、黒でテカテカしてると尚良しです。

 

これらをすべて満たしているL字の机はそうそうないので、コンセントは妥協できるラインとして探しました。

 

私が選んだL字デスク。

 

私が選んだL字デスクがこれです。

 

横160cm 縦110cm 高さ75cm。

色は黒でテカテカ。

おまけに収納ボックスもついてる・・・。

収納ボックスにはA4ファイルが入るのも高評価です。

コンセントは流石についてないですが、これは妥協点ですね。


【送料無料】 パソコンデスク デスク 幅160cm×奥行110cm L字デスク ガラスデスク コーナーデスク PCデスク 机 つくえ パソコン机 学習デスク 学習机 勉強机 収納付き チェスト付き L字型 送料込

 

しかしジャストサイズですねぇ。

まさに希望通りと言っていい商品でしょう。

 

ただ問題点といえば自分で組み立てることと、通販サイトによる注文しかないということですが、これ以上条件の良い机はそう見つからないので注文に踏み切りました。

値段としては3万円くらいですが、これ以上の机を探すのも大変なのでこの机で確定。

 

部屋に到着。

 

さて、ダンボール2つが運ばれてきました。ようやく到着です。

ダンボールの解体も中々大変ですが、部品の量が多いこと多いこと。

板何枚あるんでしょうか。

発泡スチロールが沢山あったおかげでラグがかなり汚くなりました・・・・

 

大して骨組みらしいものはそんなにないですね。

ネジやら留め具類はみっちりと袋に入ってます。

 

こりゃあ大変そうだ。

 

とりあえず、今回は出来るところまで自分一人で組み立てていきます。無理そうだったら後輩を呼ぶ。笑

 

で、独り孤独に3時間・・・・

 

ようやく完成!!

めちゃくちゃ大変でした。

 

やはりサイズはジャストサイズです。こだわって選んだだけある。

机の高さもいい感じ。腰が曲がらない良い高さです。

インテリア的にも部屋にすごく合うしやはりこの机にしてよかった。

 

後輩に画像を送ったところ

「若干小さくないっスか?」

とのことですが、実物は結構デカイです。横160cmは中々のインパクトですよ。

 

 

・・・・とまぁ、こうして机と椅子が勉強部屋に揃ったわけです。

ようやく部屋らしくなってきた感じですね。

 

既に部屋にはコピー機も届いていますが、他にも色々ブツが届いてからレビューしようかと思います。

土日に行くニトリが楽しみですなぁ。

 

それではまた。

 

 

以上

 

Pocket

関連記事



スポンサードリンク




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です